コーヒー・カフェラテがおいしい静岡市のカフェ4選

コーヒー

福岡から静岡市に引っ越してきてから、カフェはあるけどコーヒーを推している店は少ないような気がしているの。

ロースターカフェとか、あるにはあるけど、目立ってない。

福岡は案外コーヒー文化が盛んで、スペシャリティコーヒーの店とか、コーヒー推しのカフェがそこら中にある。

それこそ、ショッピングの休憩にも困らないくらいには。

あ、そういえば、静岡といえば「お茶」だったわ。

だからコーヒーの店が少ないの?

静岡人たるもの海外の飲み物にうつつをぬかすな!

地場産の茶を飲め!ってこと?

大好きな静岡さん、ごめんなさい。

私はどうしてもコーヒーが好き。

あの豊潤な香りに癒されて、なんか頭もすっきりする。

雰囲気のいいカフェでこだわりのコーヒーをいただきながら読書をしたり、仕事するフリなどしたい。

私って、なんか素敵…という高揚感に浸りつくしたい。

そんなナルシストにぴったりのコーヒー・カフェラテがおいしい静岡のカフェを、私の厳正なる独断と偏見でご紹介しちゃうよ!

眼前に広がる富士山の絶景「日本平ホテル・テラスラウンジ」

日本平ホテル・テラスラウンジのカフェラテの味とあの雰囲気ときたら。

はっきり言ってどんなカフェもあそこには勝てない。

だって、あんなきれいな富士山が、眼前いっぱいに見えるんだもの。

ズルすぎますわ。

ホテルならではの落ち着いた雰囲気、フカフカのソファ席。

どれをとっても文句のつけようがないんだもの。

とはいえコーヒーのお味の方はいかがかな?

私が注文したのは、アイスカフェラテ。

ワイングラスのようなものに入った、くっきり二層に別れたアイスカフェラテ。

おしゃれすぎか!

お味も、濃厚。

カフェラテの主成分はミルクだから、ミルクの良し悪しが、カフェラテの美味しさを左右する。

コーヒーの苦味に負けないクリーミーさがクセになる。

しかもね、中に入った氷が茶色い。

コーヒーで、できてるのね。

時間を気にせず、ゆっくりと最後まで楽しめる。

ホテルならではの細かな配慮がにくい。

結局、カフェラテ一杯で2時間ほど滞在してしまった。

ホテルのラウンジって、そりゃさぞかしお高いんでしょう?

と、思うかも知れないけど、カフェラテは一杯1000円切る程度。

コーヒーだともっと安い。

ケーキセット1200円ちょっとくらいの値段。

ホテルのラウンジって、コーヒー2000円くらいするモンだと思ってたから、相場からするとかなり安いんではないかな?

しかもこの、他の追随をゆるさぬプライスレスな絶景!

山の上だからちょっと行くのが面倒だけど、バスなんかも出ているみたいだし、そこまで交通の便は悪くないかも?

駐車場代も取られないから、それ考えると、車派の私は街中のカフェより断然ここの方がお得だったりするね。

福岡を思い出させる絶品カフェラテ「HUG COFFEE」

ハグコーヒーは、紺屋町店を初めて見つけた時からびっくりしてたの。

え、福岡のマヌコーヒーに超似てる。

以来、映画館の近くへ行った際には、大体ここに立ち寄って、おいしいカフェラテを頼んでいたのだけれど、シャイすぎてなかなか聞き出せなかった。

先日初めて南町店に行った時、勇気を出して聞いてみると、やっぱりマヌと関係があるそうで。

ハグの社長はマヌで修行してたらしい。

静岡にオープンしてから12年くらいにはなるそう。

味はもちろんお墨付き(私の)。

静岡の街中でカフェラテなら、絶対ここだと思う。

(他の店まだ行ってないけど)

そして、ああ、懐かしい、マヌの雰囲気。

平日の昼間からあそこに居座って、PCをカタカタやるのが好きだったの。

紺屋町店は座席がなくて、コーヒースタンドタイプの店なんだけど、南町店は店内でゆっくりできる。

レトロな喫茶店かバーみたいで、落ち着くし、コンセントもあるよ。

カウンターに座ったお客さんは常連さんぽくて、マスターや隣の人とお喋りに興じていた。

ただし、テーブルが低いから書き物をするのはちょっと大変。

私はノートを書き殴っていたけど、こういう時、背が小さくて良かったなと思う。

マヌのとの明らかな違いは、フードメニューとか、スイーツが充実してるってこと。

福岡のマヌは数店舗あるけど、だいたい、フードはあってもクッキーみたいな焼き菓子程度だったような気がする。

ハグの南町店はランチメニューもあるから、コーヒー好きじゃなくても楽しめそう。

ハグはまだまだ店舗があるから、今度別の店にも行ってみたいな。

紺屋町も南町も駐車場はなし。

カフェラテは1杯620円くらいだったかな?

もしかしたらちょっと高く感じるかも知れないけど、チェーン系のコーヒーと比べて断然おいしいと思ってるから、いっぺん飲んでみ!

清水でコーヒーといったらここ「トクナガコーヒー」

清水のトクナガコーヒーは基本、コーヒー豆屋さんがメインだと思うんだけど、店の奥にカフェスペースがある。

本日のコーヒーみたいな感じのやつ、ホットコーヒー400円くらいだった。

スペシャルティコーヒーがこの価格で飲めるのは、正直破格よね。

もちろん味も申し分ございません。

後で聞いたらテイクアウトもできるらしい。

やっぱり豆屋さんということで、試飲的な位置付けでお安くできるのかしら?

福岡の個人系ロースターカフェでは、このタイプの店も結構あるけど、座席が狭くて私はあんま利用しなかったんだけど。

トクナガはいろんなコーヒーが揃ってるし、座席もしっかりあって、結構ゆっくりできた。

店内を見て回るのも楽しいし、近くにあったらしょっちゅう行ってしまうだろうな。

本当、チャリか徒歩で行ける距離にあれば…

そう、唯一のネックが駐車場なのよね。

店前に二台くらい停めれるんだけど、一台停まってたらちょっと停めるのを躊躇するレベル。

あとね、会計は最後だから気をつけてね。

ドトールとかスタバみたいに先に会計するタイプの店じゃないから。

店出る時、お店の人忙しそうだったの。

ごちそうさまでしたーとかゴキゲンで言って、普通に帰ろうとしちゃって。

店内を騒然とさせたのは私です。

おっちゃんの技術に驚嘆する「Jazz &Coffee In The Gate」

In The Gateのおっちゃんが入れてくれるコーヒーはびっくりするほどうまい。

多分ハンドドリップだと思うけど。

と、いうのも、この店には全く期待せずに行ったの。

店内はおっちゃんの趣味のものがごちゃごちゃしてて、独特のふいんき。

いろいろ観察するのに熱中してて、おっちゃんがコーヒーを入れてくれているところを全く見てなかったの。

運ばれてきて、実際飲んで、めっちゃうまくって彼氏と一緒にビビる。

お、い、し、す、ぎ、る。

そして夢中ですする。

しかもそんなに高くなかったの。

ホットコーヒー500円から600円位だったと思う。

選ぶ豆によって多少ばらつきがあるけれど。

スイーツよりも、断然コーヒーを味わってほしい。

あの味を思い起こすと、絶対また飲みに行きたいなと思う。

ほんとに隠れた名店見つけちゃった。

場所的にちょっと分かりにくいけど、店前に数台駐車場はあるからぜひ行ってほしい。

たどり着くまでの道はすごい狭くて坂が急だから、愛車のモコちゃんはちょっと辛いけどね。

興津から52号を上がっていったとこにあるよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました